« レッドバロンとは? | メイン | 素敵なバイク探し »

ロードサービス構想

レッドバロンは、昭和47年に設立されました。そして、会社設立の際にスタートしたのが、「レッドバロンのロードサービス構想」です。バイクに乗る時の楽しみは何と言ってもツーリングです。しかし、ツーリングで他の地域に行ったり、転勤したりした際に、どこでも同じサービスが受けられないとしたら…絶対に困るはずだ。

それなら、まずは全国にレッドバロンの店舗を作らなければ…との考えが背景にあったそうです。レッドバロンの場合には、昭和50年からFC方式を採用し、15店からサービス網を拡大していきました。平成7年には、ついに全国150店舗を達成しました。「150km無料ロードサービス」を開始しました。

バイクに乗っていれば、知っている人は知っているかもしれません。平成14年9月には、「全店直営化」に成功しました。レッドバロンの飛躍はこれだけではありません。

2008年の4月には「W30」を達成しましたW30とは、「Within 30 minutes」の意味で、30分以内に現場に駆けつけるロードサービス体制のことです。全国各地に店舗ができたからこそ、このようなサービスが可能になったのでしょう。レッドバロンは、まだまだサービスの向上を目指して挑戦を続けています。

そして、現在の目標は、全国800拠点であるようです。バイクを愛する人にとっては、バイク店のサービスが向上するのはありがたいことですし、ますます期待してしまいますよね。

バイクは下取りも便利です。(バイクの下取りと買い取りの違いも参考に)

About

2010年01月25日 17:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「レッドバロンとは?」です。

次の投稿は「素敵なバイク探し」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37